六本木ヒルズクリスマスマーケット2020の開催日と混雑対策を調査!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

毎年、六本木ヒルズで開催されているクリスマスマーケットが今年も開催されるようです。
クリスマスマーケットの開催日は11月28日土曜日からと公式サイトで案内されています。
毎年好評で混雑するイベントですが、今年は特に新型コロナウイルスの流行の中での開催であるため、その感染対策によってさらに混雑されることが予想されます。

開催日もさることながら混雑状況は?ウイルス対策がどうなっているのか?という事が今年は特に気になっている方も多いかと思います。

今回の記事ではその詳しい開催日程とウイルス対策による混雑状況について調査しました。

スポンサーリンク

六本木ヒルズクリスマスマーケット2020の開催日は?開催場所も調べます。

六本木ヒルズクリスマスマーケット2020の詳しい開催内容について調べました。
これまで何度も開催されてきたクリスマスマーケット、今回で14回目となるそうですね。
世界で一番大きいといわれているドイツシュツットガルトのクリスマスマーケットを再現しているそうですよ。
ドイツのクリスマス雑貨やワイン、ソーセージなどの本格ドイツ料理店が7店舗並ぶそうです。

さてその開催詳細は以下の通りです。

開催期間:11月28日(土)~12月25日(金)
開催時間:11:00~21:00
開催場所:六本木ヒルズ大屋根プラザ
入場料 :無料

クリスマス当日まで開催しているようですねそしてイベントにありがちな最終日の時短はないようです。

開催場所となる六本木ヒルズの大屋根プラザと言えば透明なガラスの屋根のあるかなり広めなオープンスペースとなっています。
特に換気が気になる今年、安心できる場所ですね。
この大屋根プラザ(O-YANE PLAZA)は六本木ヒルズの主要同線が結ばれる位置にある為アクセスもとても簡単です。
なんとなく六本木ヒルズをヒルズを散歩してれば絶対に行きつけます(笑)
六本木ヒルズに行った事がある人ならなんとなく、あああの場所かと分る場所ですね。
私も行ったことありますがあの場所に大屋根プラザなんて名前が付いてるなんて知りませんでしたがすぐにピンときましたよ。

クリスマスマーケット2020の混雑予想について。コロナ対策はどうなってるの?

今年のクリスマスマーケット2020はコロナ第3波の到来が予想される中開催されます。
思いっきり楽しみたいの山々ですが新型コロナウイルスの対策がどうなっているのか非常に気になります。
イベント公式ページによりますと以下の対策がされるようです。

・入場制限
・土日の整理券配布

入場制限されるため混雑状況によっては待ち時間が発生するかもしれません。
混雑が発生するとすればこの入場待ちの時ですね。
ソーシャルディスタンス、マスク着用、大声での会話禁止、
この辺りは我々個人個人気を付けなければいけませんね。

クリスマスマーケット2020のイベント単体では上記の2点が対策という事になるようですが、
開催場所である六本木ヒルズでは『ヒルズみんなのルール』として新型コロナ対策を策定しています。
「ヒルズみんなのルール」の概要はヒルズに来る客、ヒルズ側双方でそれぞれでの取り組みを決めたものです。
客側へヒルズがお願いする事項として
・フィジカルディスタンスの確保
・マスク着用
・消毒、手洗い
以上3点が推奨されてます。
六本木ヒルズに限らずどこへ行ってもやらなければいけない内容なので特に抵抗はないですよね。
ヒルズ側が取組む事項は
・エレベーターの乗車ルール(フィジカルディスタンス・マスク着用)
・一部の施設での来客の検温実施
・街の清掃消毒/入口での消毒液設置
・適切な換気
・スタッフの出勤前検温、体調管理
・タッチレス会計、コイントレイ設置

いまやどこの施設でも行われてる事ですが、きちんとアナウンスされているのは好感が持てます。

その他ショップ、レストランでは『新型コロナウイルス感染症対策』として別途対策が講じられています。

まとめ

今回は六本木ヒルズで行われるクリスマスマーケット2020について開催詳細と混雑状況、コロナ対策について調べました。

開催日程は11月28日(土)~12月25日(金)11:00~21:00となっています。

大江戸線六本木駅からなら直結しているし、開催場所も屋根付きオープンスペースなので雨が降っても安心ですね。

コロナ過の中での開催なので混雑状況がきになりますが入場制限が設けられるようなのでそこは安心できると思います。
個人でもコロナ感染対策をしっかり行って本場ドイツのクリスマス料理を堪能しましょう!

タイトルとURLをコピーしました