美登利寿司吉祥寺は大人気でランチもおススメ。メニューもお得感有!

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちわ、クロノです。

突然ですが自分は肉よりも魚が好きです。
コース料理で肉と魚選ばなければいけないシーンだとほぼ魚選びます。

そして魚料理でも寿司が一番好きです。

高級店の寿司はもちろんですが、回転寿司もそれはそれで好きです。

でも高級店はお高すぎるし、だからと言って回転寿司に妥協したくないなあ、なんて時に行ける老舗の人気店が一番好きですかね。

そんな老舗の人気店の中でもとんでもない混みっぷりの地元の寿司屋、
美登里寿司吉祥寺店さんに行ってきました。

・美登利寿司吉祥寺店は大人気
・ランチだってお得
・お得感一杯のメニュー内容

こんな内容でお話ししていきます。

スポンサーリンク

美登利寿司吉祥寺店は大人気  

midori-kichijoji
https://www.sushinomidori.co.jp/shop_list.html

美登利寿司吉祥寺店、と言いましたが、お店の正式名称は『梅丘寿司の美登利総本店 アトレ吉祥寺店』ですね。
長い(笑)
長いので以降、美登利吉祥寺で。

お店の場所は店名にもある通りJR吉祥寺駅の駅ビル『アトレ吉祥寺』です。アトレの地下一階、三鷹側端の飲食店街の一角にあります。

と言っても方向音痴の自分は一発で行けた事無いんですけどね(笑)

でも近くに行けばすぐにわかりますよ、人がスゴイ一杯いますから。
誇張なくホントに大勢の人がいます。
一見するとベンチで休んでいるのかな~と思いますが、その辺に座っている人はほぼ皆美登利寿司さんの順番待ちの人です。
土曜、日曜、祝日だと順番待ちのお客さんは特に多いのですが、平日でも結構な賑わいを見せておりそのスサマジイ人気っぷりがうかがえます。

他の支店さんにも行った事があるのですがここまでの人数じゃなかったはずです。

ただし整理券方式なので無為に並んでいる必要がないのは嬉しいですね。商業施設内のお店なので暇つぶしに事欠かないですし。

自分の順番近くになれば電話orメールで知らせてくれるので、アトレから出て吉祥寺散歩するのも可能です。

そう、それ位の時間がかかる可能性もあるんですよコレが。
その人気っぷりを舐めてのんびり行くと2~3時間は待ちます。
先日行ったときはWebの順番待ち予約サイトで11時5分頃に整理券取って順番が来たのが14時でした(笑)

なので美登利吉祥寺で食べよう!という日は長時間待たされることも想定したうえで気長に待てる日じゃないと行けません。

ランチだってお得  

さて長い待ち時間の後に何を食べるか?
まあ順番待ちしてる時に大体決まっているので席に通されたらすぐ注文するんですけどね。

ランチメニューを頼める時間帯なら大体それを注文しますね。
今の時期だと次の3つを選べます。

限定ランチ1800円
特上ランチ1600円
美登利ランチ900円

限定ランチは10貫の寿司プラス卵焼き、それに味噌汁サラダ茶碗蒸し、そしてデザートも付いてくるという大盤振る舞いですよ。
これ食べるともうお腹いっぱいで晩御飯の支度したくなくなります(笑)その他、特上ランチなら9貫の握り寿司と手巻き1つ、それに味噌汁サラダ茶碗蒸し。
美登利ランチ900円なら9貫の握り寿司といなり寿司1つ、そして味噌汁サラダ茶碗蒸し。

値段の差はネタの内容ですね。

一つ言える事はなに選んでも間違いなく美味しいって事です。
なので店頭で写真観て自分が食べたいもの選べばそれで大体問題ありません。

もちろんランチメニューじゃないものも選べますよ。
ただランチの方がお値段が相当抑えられてますね。

結局どれ選んでも絶対に損は無いです(笑)
とにかくコスパの良さはちょっと他の店では真似できないでしょうね。
このネタをこの値段で食べられるってのはどれだけ企業努力してるんでしょうか。
ネタの良し悪しだけでなく板さんたちのちょっとした仕事も抜群です。
カウンターに座るとそれが特によくわかります。
お茶の上げ下げ、お椀のお替りのタイミング全て細かく気配りされてます。
カウンターは苦手だって人もいるのは知ってますが一度は体験してみた方が良いですよ。

お得感一杯のメニュー内容 

ランチメニュー以外のセットメニューでも高くても2800円からなんですが、
ランチで付いてくるサイドメニューのうち何かが欠けてるってだけです。
これでも十分に満足できます。

自分はもっぱらセットメニュー頼んじゃうんですが単品もお安いですね。
高級なネタだと500円ほどになってしまいますが、一貫だいたい200円前後ですね。
美登利寿司さんの名物の穴子一本握りは630円なんですが、この穴子の握りクーポンの無料特典になってたりセットメニューの追加オーダーオプション300円になってたりしてリーズナブルにいただけます。
ただホントにネタのボリュームが多いのでこれ食べると相当おなかいっぱいになっちゃいます。なのであまり積極的には頼まんのですが(笑)

で、先日行ったときに自分が頼んだのが『季節の板さんおまかせにぎり』です。
内容をみてください。

midorisusshi-omakase-nigiri

もうどう見ても美味しいに決まってるじゃないですか。

mozuku

先ずお通しとして出てきた『もずく小鉢』
新鮮なもずくのコリコリプリプリした食感が楽しくさっぱりして美味しかったですよ。

eggcustard&salad

続いて『茶碗蒸し』『ミニかにみそサラダ』
茶碗蒸しはこれぞ寿司屋の茶碗蒸しと言えるダシのよく効いた優しい味です。
ミニかにみそサラダはまろやかでコクのあるミソがレタスに良く絡みサラダとは思えない程の味わいです。

nigiri-5types

いよいよ寿司が出てきました。『大トロ』『シマアジ柚子胡椒のせ』『生サーモンクリームチーズ』『大赤海老』『 アワビゆず塩 』です。
大トロは口に入れたらすぐにとろけてなくっちゃいました。
シマアジはコリコリとした食感と独特の甘みに柚子胡椒のさわやかな辛みがマッチしてます。
サーモンはクリームチーズとシャリの相性が抜群でとろとろの甘みがうれしいです。
赤海老は頭とってミソをすすり、口にミソが残っているうちに身を放り込めば甘さと苦みがとんでもない旨みに変わります。
アワビはコリコリしてるのに柔らかくほのかな磯のかおりが香ばしい。

gunkan-nigiri-2types

軍艦巻き『いくら』『うに』そして『玉子つまみ』
うに!噛んでもいないのに口に入れたら旨みだけ残してなくなってました。
イクラはプリプリの感触が楽しいですね。
玉子は甘味と出汁のベストマッチが食間の良いインパクトになってます。

nodoguro

『のどぐろ炙り酢橘のせ』
のどぐろですよ!頼んだ決め手はこいつです。言うまでもなく美味い!

Oversized-maguro

なんでしょうこのモンスターは『特大まぐろネギとろのせ』
まぐろのネギとろ乗せってなんてことするんでしょうか、美味いにきまってるじゃないですか!

anago&unagi

寿司の締めは『穴子塩レモン』『うなぎ木の芽のせ』
穴子の塩レモン、穴子の塩焼き初めて食べました、これはやみつきになりそうです。
うなぎ、ボリュームが半端ないです。ウナギ専門店で食べるよりも美味しいかも・・・(笑)

この日の味噌汁はワカメの味噌汁だったのですが、このワカメが弾力があって中々お目に罹れない新鮮なものでした。

最後にデザートとしてマンゴーシャーベットが出ました。
サッパリして締めくくりとして口の中が爽やかになりましたよ。

もうほんとに楽しみすぎてごめんなさい(笑)

まとめ

すいません、感動のあまり長々と書いてしまいました(笑)
どんなに待たされてもリピートしてしまうのはその美味さにあります。

銀座の高級店の方が美味い!という方はいるでしょうし、私もそう思います。
しかし問いたいのはじゃあその寿司この値段で食べられるの?って事です。
美登利寿司が優れているのはこの値段、回転すしよりちょっと高い程度のこの値段でこの美味さを提供しているところです。
それはネタの良さもあるでしょうが板さんの仕事も良いんです。
出されたネタを良く見ると食べやすいように包丁が入っていたり、細やかな心配りが随所にされてます。このコストパフォーマンスの良さは決して銀座の高級店にひけをとってはいないと思います。  

そしてこの店行って不愉快な思いをしたことだってありません。
板さん含め店員さんみなさん接客も素晴らしい

ホントに欠点は待ち時間だけです(笑)
ですがここは待たされてもまた行きたいお店です。

次はいつ行こうかな♪

タイトルとURLをコピーしました